特殊な運転免許

運転免許のなかには特殊な種類もあるのですが、特殊な種類といえば、小型特殊免許と大型特殊免許でしょう。しかし、もっと特殊な運転免許が存在しているのですが、それがけん引免許と呼ばれている種類です。けん引免許というのは、名前の通りに大型の車両を引っ張るために使用されている車を運転するための免許になります。主な種類としては、タンクローリーやトレーラーなどが当てはまります。これらは大型特殊免許では運転できません。

けん引免許というのも1種類しか存在していないわけではなく、やはり2種免許が存在しているのです。知っての通りに2種免許というのは、人を乗せてお金を取ることができる種類の免許なのですが、けん引2種免許をどこで使用するのかわからないという人も多いでしょう。最近では千葉県や神奈川県、東京都の一部などで、より多くの人を乗せるための連接バスが走っているのですが、この連接バスを運転するためには、大型2種では走行できないのです。

そこでけん引2種免許を取得することで、公道での運転が可能になります。他にも比較的小さな種類の車をけん引するために用いられている限定免許も存在しています。小型トレーラーなどを運転するのに用いられているので、ライトトレーラー免許とも言われているのですが、この3種類がけん引免許となっているのです。当サイトでは運転免許の中でも、けん引免許という少々変わった種類の免許についていろいろと紹介させていただいています。